精力剤

精力剤の効果

精力剤は以下のような効果が期待できます。

老化によって血流が悪くなっている血管を若い頃の状態に近づけます。

また、加齢によって成長ホルモンの生成量・分泌量は減っていくものですが、精力剤はその分泌を促す成分が入っています。この作用により新陳代謝が活性化し、体質が若い頃に近づくという理屈です。

これらの作用の結果以下のような効果を実感しやすくなります。

たとえば、ペニスに対しては、

  • 勃起しやすさの回復→朝立ちの頻度が増えたりします
  • 勃起時のペニスの固さの回復→中折しにくくなります
  • 勃起状態の持久力の回復→連戦がふたたび可能になります

また、活力が湧きやすくなるため、ペニス以外の部分でも以下のような効果を体感しやすくなります。
  • 怠さ・めんどくささが減る
  • 活発さが回復する

また、栄養バランスが整いやすくなるため、間食が減るなどの効果もあるようです。

つまり、精力剤の成分の働きにより、血管の状態とホルモン分泌が促されることによって体が若い状態に近づく結果、ペニスにも好影響が出て来るというメカニズムです。

わかりやすく言えば、まず体全体の調子を整え、その結果ペニスも元気になっていくということです。
つまり、精力剤は基本的には体質改善を意図した健康食品である、ということです。

精力剤は上述のように体質改善の結果として勃起力や持久力を得るものです。

一方、バイアグラは薬の力で直接的に血流に介入して一時的にED状態を解消するものです。

EDは根本的には加齢による体の衰えやそれに加えて生活習慣病などが影響して起こってきますが、バイアグラはこれらの原因を解消するわけではありません。

また、半強制的に血流に介入しますので、勃起状態を上手くコントロールできないこともあります(勃ってほしくないときにも勃ちっぱなしになる、など)

バイアグラによって一時的にED症状を抑えることも重要ですが、本質的には、根本的な原因となっている状況を改善することがさらに重要といえます。

つまり、即効性はあるが一時的なのがバイアグラ、即効性は望めないが長期的な改善が見込めるのが精力剤ということになります。

体質改善の考えは漢方などにも通ずる部分があるためか、東洋医学が発達したアジア地域だけでなく、ヨーロッパ・アメリカでも代替医療として精力剤をもちいる方法が注目され始めています。

精力剤の成分

各製品ごとに特徴的な成分が色々あるようですが、もっとも注目すべきものは

アルギニン
シトルリン

のアミノ酸類。

それから、ビタミンB、C、Cなどのビタミン類。

さらに、亜鉛、セレンといったミネラル類

これらが主な成分となります。

マカやマムシが精力剤の原料として使われるのもこの2つを豊富に含んでいるからにほかなりません。
クラチャイダムや、昔から有名なすっぽんや赤まむし、馬の睾丸などもつまるところそれ自体ではなく有効成分が重要です。

言い換えると、市販の精力剤でアルギニンやシトルリン含有と書いてあったとしても、申し訳程度にしか含有していないものもあります。購入時には、これら有効成分の含有量に注意してみてください。

精力剤の選び方

精力剤を選ぶ際には、ご自分の年齢、期待する用途に加えて、ご自身の生活習慣を総合して考えたほうがより良い選択ができます。よくわからない場合は、おためし版のあるものを活用してもいいかもしれません。

また、人気のある商品は返金保証があるものもあるので、あまり考え込まず、気軽にはじめて見るのも手です。

考え込むよりも試してみる方が結局は得られるものが多かったりするものですから。

比較の際は、口コミを利用するのも手ですが、その場合はご自分の年齢・用途・生活習慣に近い人の意見を重視すべきでしょう。

より客観的には、アルギニン量に代表される成分の含有量と、それから購入しやすさ・試しやすさ。

この二つにはこだわってほしいと思います。

ペニス増大サプリについて

インチキなものも多いジャンルではありますが、すべてがまがい物というわけでもありません。

名の通ったキチンとしかメーカーの商品は程度の差こそあれ、増大の効果が期待できます。

有効成分はシトルリンというアミノ酸で、もともと医薬品として扱われていたものが、ある年を境に扱いが変わって医薬品でなくなったため、健康食品として使えるようになったという経緯があります。

シトルリンの増大効果のメカニズムは、こうです。

シトルリンが体内でアルギニンに変化する際に、一酸化窒素を発生します。
この一酸化炭素がペニス内部の血流を促進します。
この結果、海綿体にも作用することによって勃起力や増大の効果が得られるというわけです。

一酸化窒素が血流を良くするメカニズムの応用は、1988年にノーベル生理学賞・医学賞を受賞した価値ある研究の成果にもとづいています。

身長と違い、骨のないペニスの増大はいくつになってもチャレンジできるものです。

悩んでいる時間がもったない、まずは試してみてはいかがでしょうか。